08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

新潟レポ初日

2007/07/14
金曜深夜、待ち合わせの関越道・某IC近くのパーキングまで首都高を抜けて、小一時間で到着。

ここで、kenji号はパーキングに置き去りですけど、1日500円なので待ち合わせ釣行の利用にはお薦めです。
・・・濃霧の関越をひた走り、明け方前に塩沢石打PAに到着。

朝一番は、S川と本流の合流から少し上に入りました。
この最初の選択が、全ての間違いだったのかも知れません。
明るくなるにつれて、だんだんとわかってきたのですが、どうも川底の石がやけに白いんです。この一帯は河川工事で整地したばかりの場所だったのです。
それでも合流点まで行こうと、移動しましたが、そこからはかなり距離があったようです
それでも釣り下って、なんとか魚の姿は見れました。

20070714no1.jpg


いつまで歩いても合流地点までたどりつかず、あきらめてクルマに戻るとき岸沿いを歩いたら、ユンボのキャタピラ跡を歩くはめに・・・歩きやすかったのは事実ですけど。

朝の失敗を取り戻すために、N川の合流点へ急いで移動。
昨年と流れが変わって、先行者もいました。
ここではアタリもなく、中流域へ移動。

昨晩はほとんど睡眠を取っていないので、川沿いで仮眠を取ろうと思ったけど、川に誰も入っていない様子と知ると、また釣り始めてしまう。
20070714no2.jpg


支流ということもあって、なかなかサイズアップしてくれません。
20070714no3.jpg


やっと仮眠を取って、上流へイワナ狙いに行ってみます。
たくさんの支流と長い流域があるので、いろんな選択があります。
20070714no4.jpg


いいサイズのイワナをばらしてしまい、いよいよイブモードです。

20070714no5.jpg


お目当ての”戻り”はどこに言ってしまったのか・・・

宿泊は、こちらで大変お世話になりました。
23:29 フライフィッシング | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
安心しました
お帰りまなさい。 コメントの返信読ませていただきました。安心いたしました。 新潟レポ続編楽しみにしてます!
魚影を求めてよく移動したもんです。
運転お疲れさま!
去年は魚がいたっ!と気がついただけだったけど、
今年は何度か釣れて、ちょっとだけ上達したかな?
ちびヤマメだけど。
>BLASTさん
コメントありがとうございます。
戻り狙いに固執しすぎてしまい、フライを闇雲にただ投げまくっていた2日間でした。
そろそろ山梨に行って尺が釣れてくれないと、尺ゼロの年になるのでは・・・と昨年同様に焦り始めています。
>Kenちゃん
帰りは、首都高が不気味なほどガラ空きだったので、こちらのほうが早く到着したようです。
一つの漁協の管轄で、あれだけ本流から源流まで短時間で行き来できることは、それも楽しいものです。
今週は、山梨か海か迷い中・・・・

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。