09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

やはり、最後?はホームの管釣

2008/12/13
候補地は、いくつかありましたが、やはりホームに近い管理釣り場に決定。

実家を出発し、寄り道してホームリバーを覗いてみました。
20081213no1.jpg

シーズン中は、いつ見ても魚の姿が見える支流の橋ですが、魚は見当たらず、元気に泳いでいるのは、子鴨でした。

待ち合わせ場所にて、kenちゃん・Sさんと合流。
程よく混んでいる釣り場に到着、午後の半日券を購入。
そこそこ人のいるポンドを避けて、渓流のほうから釣り始めます。

せっかく流れがあるので、まずはWetを流して様子を見ることに、、、アタリはゴツンと来るのですが、乗りません。そうこうしているうちに、ニンフでkenちゃん、Sさんに先行されて焦る・・・
二人の間に割り込んで、群れになって丸見えのトラウトの上に、ドライフライをキャスト。

しばらく反応はありませんが、今まで知らん振りのレインボーが急に下からフライを突き上げてきます。これは、どういうことから来る反応なんでしょうか?2-3分、頭上に浮かんでいるフライに関心を示さないのですが、急にスイッチが入ったかのように食ってきます。
BASSならイラついて・・・・というところですが、トラウトの場合、イラついてというより、ハッチにライズしていた事を思い出したかのように食ってくるという感じです。
管理釣り場でも、いろんな気付きや経験もできますね・・・

反応が悪くなり、群れている丸見えのニジにもう一度シルバーサルタンを結んで、リトリーブしてみると・・・何匹も競うようにFLYを追ってきます。
こうなると、爆釣モードに突入!
群れで、競うように追ってくるので、食うタイミングの間合いを取ると、確実に反応してくれます。

でも不思議なのが、追ってくる群れの先頭のニジが見切って反転すると、群れ全体が反転してしまいます。何故?。
それと、群れで追ってくると、横からFLYに飛びついて横取りするニジが多いです。これも何故?
原因はわかりませんが、FLYに反応するパターンを掴んだような気がしました。
リトリーブは、超スローがいいようです。

それでも、FLYも魚の歯でボロボロになり始める頃、そろそろ反応も渋くなりました。
カディスピューパに結びかえると、リセットしたかのようにまた反応が良くなりました。

20081213no2.jpg


かなり派手に釣っていたので、いつのまにかルアーマンに群がられてしまいましたので、ポイント移動します。
次のポイントでも、周りでは渋い反応に手こずっているようでしたが、Wetの超スローリトリーブで群れのニジを端からキャッチしました。また爆釣モード再開。

午後の半分を経過し、ポンドへ移動します。
ここで、今日はルアーロッドを持ってきたのです(・・・メバル用のライトルアーロッドですが・・・)。
ルアーで狙ってみますが、これがさっぱり、釣ることすら難しい状況でした。
あまりの反応の悪さに、FLYロッドに持ち替えて、TypeⅡで沈めて、引っ張ります。

でも反応がいまひとつで、ポツポツ釣れるまま、タイムリミットを迎える。

Kenちゃん やはりポンドのマーカーフィッシングでは適いません。
20081213no3.jpg

Sさん 今シーズンから始め、最初の1年が終わりました。シーズンオフはタイイングも頑張りましょう!
20081213no4.jpg

タイトルの最後に?が付いていますが、3人での釣行は最後ということです。
年内もう一度ぐらい、管釣りに行く予定ではあります。


21:57 フライフィッシング | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« 週末 | HOME | 年内最後? »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。