08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

再び聖地へ

2006/06/17
昨晩、仕事を終えたkenちゃんが都内から到着したのは23時過ぎ。それからビールを飲みながら、フライを巻いたり・・・就寝は深夜未明
渓流デビュー2戦目のkenちゃんに記念すべきをライズ狙いで釣ってもらうため聖地を目指します。

一般道で足尾を越えて、いろは坂を登り、A茶屋に到着すると駐車待ちの..午前中から駐車場を出ていく車も少ないかなーっと、U滝までいくとこちらはガラガラ。身支度を終えて、U滝から入渓。

utaki.jpg
瀬と落ち込みの連続する上流部を下っていくと、今日はかなり人が多いな~。ちょっとした深みのポイントには既に人が入ってしまっている。あまりロッドを振ることもなく下っていく途中で、ニンフに変えて小さな落ち込みに上から流し込むと、数箇所でアタリはあるんですがフッキングしません。ちょっと汗ばむ陽気に途中のベンチで休憩&ランチ。
lunch.jpg
禁漁区域まで下ったら車に戻り、下流のA茶屋まで車で行って釣りあがる予定だったのですが、ここまでブルックの顔を見ていないので禁漁区域からさらに下ってA橋の下に入ります。ここは遊歩道の中間地点でハイキングの人も多いんですが、魚がかかろうものなら、橋の上はかなりのギャラリーでいっぱいになります。
そんな中ライズ狙いでようやく魚がかかりフライラインを手元に引き寄せていると「早く巻かなきゃ逃げられちゃうよ!」というハイキングの人たちの声、リールを使わないのが奇妙に見えたのかな?っとネットに収めることなくに収めてリリースすると、「あらっ、逃がしちゃったもったいないことするね~」なんて声が聞こえます。
aokibashi.jpg

すぐ下のカーブに人がいなくなったので移動すると、対岸の深みの木の下で複数のライズ発見。ライズのレーンまでは、低い角度からフライをしっかりターンさせないと木が覆いかぶさってフライが入らない上にナチュラルドリフトがちょっと難しい流れにkenちゃんにトライしてもらいます。何度か立つ位置、流し方を変え試行錯誤しているとフライにブルックが飛び出しました
ken2.jpg
ネットに収めた直後 
ken3.jpg
記念の1匹
ken4.jpg


もうここまで来たらA茶屋まで一気に下ろうとライズを見つけてはロッドを振ります。
yatu.jpg
イブの今日一番いいサイズ。
eve.jpg
薄暗くなるところで終了して、これから二人でU滝まで戻ることにしますが森が開けたところで明るく感じたのですが、林の中の歩道に入ると真っ暗・・・二人だからいいけど、もしこれが一人だったら2キロぐらいを猛しているかも・・・ちょっと恐怖感もありつつ、後ろを振り返ると怖い。急ぎ足でにつくと車は自分たちの1台のみ。

お腹もペコペコになった帰りは、中禅寺の浅井でボリューム満点のソースカツ丼を食べてまた2時間の道のりを帰りました。


良かったね~今日は満足!
23:51 フライフィッシング | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
ほんとに釣れてよかった。正直なとこ「やっぱり、今日もだめかなー」とあきらめムードだったんだけど。その瞬間かかってくれて、ビックリ!
ソースカツ丼も閉店時間に何とか間に合って、おなかも気持ちも満腹でした。
こんにちは、わたる君さん
いいですね。ブルック!
周りの緑がとても鮮やかで、日本の美を感じます。
私もイブニングの30分でいいからそこでブルックと顔をあわせてみたいです。
バンブー使ってらっしゃるのですか?
To:K平さん
こんばんわ 場所は日光の湯川なんですが、これほどの素晴らしい景色の中でフライが楽しめるところは日本でも少ないと思います。さすがに日本のFF発祥地です。
今年から国定公園だけあって、全面禁煙となっったので
そればかりはちょっと辛いことでもあります。
ロッドは普段はグラファイトオンリーですが、湯川に行くときは数年使わなかったバンブーを引っ張り出してます。
バンブーロッドをビルディングしたいんですが、竹を割ってから作るのはちょっと敷居が高いので、ブランクの状態から始めようと思っています。

管理者のみに表示
« 増水と濁り | HOME | 聖地へ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。