04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

夏本番!新潟へ

2006/08/05
先週、初めて行ってみた栃木・鬼怒川水系もだったので
今週はどこに行こう・・・とフライフィッシングの雑誌などを読みつつ1週間考えてました。

木曜ぐらいから35度以上の暑さもあって、意外と近い(隣県)新潟・魚野川水系で涼しく夏の釣りをしようと考えが固まりました。

金曜夜、仕事を終えてKenちゃんが都内から到着、、、お疲れと再会のとグイッと飲みたいところを我慢しつつ、小休憩して、新潟に向け出発!
高崎から高速に乗って、新潟って1時間で行ける距離なんですね 夜明け前に川に到着、缶ビールを飲み終わって寝ようかと思っていると、夜が明けてきました。一睡もせず夜明けから身支度を始めます・・・夜明けから釣りするなんて、何年ぶりだろう 一睡せず飲んだビールで体が心地よくハイテンション・・・。

朝焼けの魚野川の某支流
6.jpg



入ったポイントで、イワナがいるんだろうな・・・と思いつつ、巻き返しにフライを落としても反応無し。ヤマメかな?とフライを流すレーンを変えるとすぐに反応がありました。
とても綺麗な魚体のヤマメですが、とにかく川の水が信じられないほど綺麗です・・・お分かりいただけますか・・・
2.jpg


更に上流を目指すと、も上がってじわじわと暑くなってきますが、それでもライズもあって楽しみながら釣り上がっていきます。
途中の堰堤・・・水の音、映える緑、日本の夏です。
3.jpg


この日は、魚沼市で今年一番の暑さ(33.6℃)だったそうですが
汗ばむようになってもライズがあり、魚もたくさんいます。
4.jpg


お昼ぐらいに車まで戻ると、朝の静けさが嘘のように川がプールのごとく子供たちの水遊びで大混雑です。それぐらいここの川・水は綺麗です。

日中は一睡もしていないのでを飲んでお昼寝
イブニングは別の支流に行きましたが、期待はずれに終わりました。

車で寝て明日もここで釣り・・・なんてことも考えましたが、再び関越に乗り帰路につきました。
22:21 フライフィッシング | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは。
綺麗な写真ですね。
いろんな鮭鱒類を釣りましたが、ヤマメやアマゴは世界に誇れる美しさを持っていますね。

どこでも夏本番ですね。この前のマンモスキャンプで川の良さを再認識しましたよ。でもソルトも夏は大きな回遊魚がくるので、どっちに行くか迷います。
K平さん、こんばんは

日光・湯川などでは、たまにフライの外人さんを見かけます。?あれ、でもブルック釣りですね・・・。
でも本場ネイティブのトラウトも美しいと思います。

LA周辺(っといっても日本と違って、数時間?)のFFは禁漁期間はありますか?

海のドラグからラインを出されることを考えれば、海もいいですね~ 少々、シーバスを釣った経験からですが、数年前です。
淡水魚や土着性の強い海水魚(回遊魚以外)は禁漁期間が設定されていますよ。
大抵はその魚種の産卵期に当たると思います。
例えば、この前にキャンプに行ったマンモスは夏場の半年しかオープンしていません。
ですから、シーズン初めには本当に良く釣れるみたいです。スレるのも早いですが。。

LAの冬は、マス類の適水温のレンジに近くなるため街中の公園の池や川にニジマスが放流されます。
もちろん、プラントフィッシュなので容姿は美しくありませんが、ソルトがオフシーズンであるため楽しまれる方も多いみたいです。
えっソルトにも禁漁があるんですね!
日本にはソルトって一切無いんですよね??

淡水に限らず、自然保護は進んでいますね~
街中で虹マスが釣れるなんて、散歩にフライロッド持って
なんて出来ますね。

日本は管理釣り場が着々と増えつつあります。
でも夏は水温が上がりすぎるので、クローズになるところも少なくありません。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。